介護保険事業

HOME > 介護保険事業

居宅介護支援事業所

介護保険サービスを利用し在宅で生活される方に対して、介護支援専門員(ケアマネージャー)が多様な介護・福祉サービスや地域で行われているボランティア活動等の情報を組み合わせながら、ご利用者様やご家族の希望にそい、心身の状況・生活環境に応じたサービスが利用できるように「居宅介護サービス計画(ケアプラン)」を作成し、住み慣れた家で、地域で生活が送れるように支援します。

サービス内容
  • 介護保険に関する相談・助言・申請代行
  • 居宅介護サービス(ケアプラン)の作成
  • 医療・福祉・保険・介護サービスとの連携・調整
  • 介護用品・介護機器の購入助言、申請代行
  • 住宅改修についての提案、助言、申請代行
  • 要介護認定調査他
サービス内容
申請からサービス提供までの流れ
  • 相談・・・介護で困難なことがありましたら、ご相談ください。
  • 申請・・・市町村窓口へ申請
  • 調査・・・日常生活や心身の状態を把握する為、「訪問調査員」が訪問調査
  • 主治医意見書・・・医学的な立場から心身の状態について市町村から「意見書」作成を依頼
  • 認定審査・・・「訪問調査票」「主治医意見書」を基に、審査会が行われ介護の必要性(要介護度)を認定
  • 計画作成・・・介護支援専門員(ケアマネジャー)がご本人・ご家族と面会し「介護サービス計画」を作成
  • サービス利用・・・制作された計画を基に、必要な在宅サービスや施設サービスが受けられます。
ご利用案内

営業日 月曜日~金曜日(土・日曜日・祝日・年末年始除く)
営業時間 午前8時30分~午後5時
 ※営業時間外でも緊急時は電話により常時連絡が可能な体制になっています
職員体制 介護支援専門員6名(うち主任介護支援専門員2名)

介護のことでお悩みの方、介護保険制度について詳しくお知りになりたい方、受けている介護サービスについて不安がある方、住宅改修や福祉用具についての質問など何でも結構です。
分かり易くご説明いたします、どうぞお気軽にご相談ください。
必要に応じてご自宅に訪問し、ご相談をお受けしますので事業所まで来訪していただけなくても大丈夫です。
お問い合わせは、下記の連絡先までお願いします。

※指定情報公表センターのHPで規定に基づき『介護サービス情報』を公表しています。尚、当事業所で取得した個人情報は、原則として利用目的以外には使用いたしません。(個人情報保護方針)

ご利用案内

通所介護事業所

南陽市健康長寿センター
南陽市デイサービスセンター ゆあみ ~赤湯温泉利用施設~
住所 南陽市赤湯215番地の2
南陽市健康長寿センター内
TEL 0238-43-3288
FAX 0238-43-3161
運営 社会福祉法人 南陽市社会福祉協議会
デイサービスの概要

 当施設は、在宅の要介護者の皆様を自宅から施設まで送迎し、健康チェック・入浴(温泉)・食事サービスを在宅の介護者に変わって専門的有資格者や後術を習得した職員によってサービス提供を行うところです。
さらには、日常生活の助言や身体状態に添った機能訓練及び、おりおりの季節によったレクリエーションも実施しております。
 生活相談員・看護師・介護福祉士が中心となり、要介護者の皆様一人一人にあった介護全般のサービス提供に努めます。

デイサービスの一日

8:30
<送迎サービス> 玄関から玄関まで車いす利用の方もリフト付きワゴン車で安心して利用できます。

送迎サービス

9:15
<健康チェック> 看護師が、体温、脈拍、血圧を測り、健康管理を行います。
異常がみられた場合には、連絡帳に記入してご家族にお知らせします。

健康チェック

10:00
<入浴サービス> 赤湯温泉(森の山源泉)で身体状態に合わせて安全(職員が見守り)で、ゆったりと入浴できます。
※注(特殊浴槽は温泉を利用していません)

12:00
<給食サービス> 専門の調理師が、栄養のバランスを考え、季節に合わせた食事をご用意します。また、お好みにあった堅さに調整したり、食事介助もいたします。

入浴サービス 給食サービス

13:00
<お昼寝・自由時間> ゆっくりベットで休んだり、テレビをみたり、くつろいでいただきます。

14:30
<全体レクリエーション・リハビリ> 季節にあわせたレクリエーション(春は花見など)や軽体操やゲームをしたり、機能回復(リハビリ)訓練などを行います。

お昼寝・自由時間

15:40
<送迎サービス> 持ち物などをチェックして福祉車輌で安全にご自宅までお送りいたします。

送迎サービス

訪問介護事業所

南陽市社会福祉協議会 ホームヘルプサービス

 日常生活に支障のある高齢者の居宅を訪問して入浴や排泄、食事等の介護・調理・洗濯・掃除などの家事や、生活に関する相談・助言等日常生活に必要なお世話を実施しています。
 当事業所のホームヘルパーは介護福祉士(ホームヘルパー2級)資格取得者です。多くの研修に参加して自己研鑽に努めるスタッフたちです、研修を通して培った知識・技術を活かし利用者様の立場に立ったサービスを心がけています。

訪問介護サービス 障がい者居宅介護サービス

◇サービス提供時間 年中無休(元日のみ休み)7:00~21:00
◇電話番号 0238-43-6635

(1) サービス料

介護保険からの給付サービスを利用する場合は、原則として基本料金の1割です。
但し、介護保険給付の範囲を超えたサービスの利用は、全額自己負担となります。

【お客様利用負担金一覧表】平成24年4月改訂版

[予防介護]

対象 利用頻度 要支援区分 介護報酬 料金 負担金
介護費(I) 週1回程度の利用 要支援1・2 1,220/月単位 12,200円 1,220円
介護費(II) 週2回程度の利用 要支援1・2 2,440/月単位 24,400円 2,440円
介護費(III) (II)を超える利用 要支援2 3,870/月単位 38,700円 3,870円

[要介護1~要介護5] ※特定事業所加算(II)を含む。●特定事業所加算(II)・・・所定単位数の10%加算




サービス時間帯 20分以上
30分未満
30分以上
1時間未満
1時間以上 1時間以上
30分増す毎
通常 午前8時

午後6時
料金 2,790円 4,420円 6,420円 +910円
負担金 279円 442円 642円 +91円



サービス時間帯 20分以上
45分未満
45分以上
通常 午前8時

午後6時
料金 2,090円 2,590円
負担金 209円 259円



サービス時間帯 身体介護の後、
生活援助
20分以上
身体介護の後、
生活援助
45分以上
身体介護の後、
生活援助
70分以上
通常 午前8時

午後6時
料金 +770円 +1,540円 +2,310円
負担金 +77円 +154円 +231円

★身体生活とは、身体介護に引続き、生活援助を行った場合(加算方式)

  • 早朝(午前7時~午前8時)夜間(午前6時~午後9時)は25%加算となります。
  • 料金設定の基本時間は、居宅サービス計画(ケアプラン)に定められた時間を基準とします。
  • やむをえない事情で、かつ利用者の同意を得て2人で訪問した場合は2人分の料金となります。
(2) 加算料金

○介護職員処遇改善加算(I) 基本単位の4%加算(移行措置)

従来の介護職員処遇改善交付金から加算として取扱われる事になったもの。

○初回加算 新規につき2,000円加算(負担金200円)

新規の利用者に対して、初回に実施した訪問介護と同月内にサービス担当責任者が自ら訪問介護を行う場合、又は、他の訪問介護職員等が訪問介護を行う際にサービス提供責任者が同行訪問した場合。
初回加算は過去二月に当該指定訪問介護事業所から指定訪問介護の提供を受けていない場合。

○生活機能向上連携加算 1月につき1,000円加算(負担金100円)

訪問リハビリテーション事業所の理学療法士等とサービス提供責任者が利用者の身体状況等の評価を共同で行い、訪問介護計画書を作成後に訪問介護を行った場合。
※初回訪問介護が行われた日の属する月以降3月の間適用。

○特別地域訪問介護加算 15/100 加算(対処地区:吉野、金山)

※改正日 平成24年4月1日

事業所の概要
法人種別・名称 社会福祉法人 南陽市社会福祉協議会
代表者職・氏名 会長 山口 明夫
所在地

〒999-2211
南陽市赤湯215番地2(南陽市健康長寿センター内)
電話(代表)0238-43-5888

事業所数 居宅介護支援事業所 1ヶ所
通所介護支援事業所 1ヶ所
訪問介護支援事業所 1ヶ所
従業者の職種及び員数
職種 常勤 非常勤
管理者・苦情窓口 1 1
サービス提供責任者 3 3
介護福祉士資格所持者 7 4 11
ヘルパー2級修了者 1 6 7