高齢者のために

HOME > 高齢者のために

はつらつくらぶ(地域介護予防活動支援事業)

 介護予防の視点から高齢者の心身機能の維持向上や閉じこもり防止を図り、在宅高齢者が要介護状態等になることを予防するのが目的です。
 南陽市社会福祉協議会が、南陽市から事業を委託されて実施しています。

はつらつくらぶ(地域介護予防活動支援事業)
事業内容
  • 介護予防及び健康に関する教室の開催。
  • アクティビティケア(音楽活動、絵画、書道、園芸、手芸、レクリエーション等)活動の実施。
  • 閉じこもり防止活動の実施(送迎支援含)。
参加対象者

南陽市にお住まいの65歳以上高齢者のうち、介護保険要支援・要介護以外の元気な方

高齢者地域サロン支援事業

社会福祉協議会では、サロンの立ち上げ、運営を支援しています。
いきいきと元気に楽しく暮らすには、

 ●人と会って会話をし、大声で笑うこと
 ●出かけて行って仲間と楽しい時間を過ごすこと
 ●定期的に外出する機会があること

お住まいの地域の「サロン」で、無理なく、楽しく、話して笑い、時間を過ごすことが、「寝たきり知らず、呆け(認知症)知らず」となり、仲間づくりと明るいまちづくりにもつながっていきます。

PDF南陽市地域介護予防活動支援事業実施要綱

申請書様式

PDF計画書(様式1) PDF報告書(様式2) PDF予算書(様式3) PDF報告書(様式4) PDF名簿(様式5)

社会福祉協議会地域包括支援センター(通称=社協包括)

高齢者の方が住み慣れた自宅や地域で、安心してその人らしい生活を続けられるように、社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャーなどの資格を持つ職員が、それぞれの専門性を活かしてみなさんを支援します。

  • 生活の中で困っていること、心配なこと等様々な相談に総合的に応じます。
  • 介護保険やその他の保険・福祉サービスの紹介と利用手続きの援助をします。
  • 介護が必要となるおそれが高いと判断された方のために、介護予防マネジメントを行います。
  • 高齢者の方への虐待に関する相談に応じます。
  • 認知症などの病気で判断能力が低下された方に対し、成年後見制度の利用手続きの援助をします。
  • 高齢者を介護している家族の方への支援を行います。
  • 介護者教室や介護予防に関する支援をします。
  • ケアマネジャーとのネットワークの構築、困難事例などの助言を行います。

※その他、わからない事がありましたらお気軽にご相談ください。
※来所できない方はお電話いただければ訪問いたします。
※地域包括支援センターは南陽市に2か所あります。地区によって担当が決まっています。

◎吉野・金山・漆山・宮内・中川地区にお住まいの方は南陽市地域包括支援センター

(南陽市役所・福祉課内 ☎40-3211【内線284・287】)

◎梨郷・沖郷・赤湯地区にお住まいの方は南陽市社会福祉協議会地域包括支援センター

(南陽市社会福祉協議会・健康長寿センター内 ☎50-1018)

福祉サービス利用援助事業

このような方に利用していただいています。
福祉サービス利用援助事業

 高齢者や知的障がい、精神障がいのある方などで、福祉サービスの利用をしたいけれどよくわからない方、お金の管理や引き出しができないなど日常生活に不安のある方です。

 施設や病院に入所、入院している方でも利用できます。また療育手帳や精神障がい者保健福祉手帳を持っている方、認知症等の診断をうけている方に限ったものではありません。

 この事業はご本人と契約を結んで利用する制度ですから、契約内容が理解できないほど判断能力が低下されている場合は、この事業でお手伝いすることは難しくなります。
その場合は、ご本人にふさわしい援助につないだり「成年後見制度」の利用を支援します。

※判断能力については専門員が一定のガイドラインにそった面接調査によって判断します。

「福祉サービス利用援助事業」では次のようなお手伝いができます。
福祉サービス利用のお手伝い
  • 福祉サービスに関する情報提供、利用または利用をやめるために必要な手続きをします。
  • 福祉サービスの利用料を支払う手続きや、日常生活に必要な事務手続きをします。
  • 福祉サービスに関する苦情解決制度の利用手続きを援助します。

◆次のことはお手伝いできません。

特別養護老人ホームなどへの入所契約、治療・入院に関する契約、掃除、洗濯、買い物、介護、看護

日常的な金銭の出し入れのお手伝い
  • 銀行などに行って年金や福祉手当、生活費の引き出しなどを支援します。
  • 公共料金や税金などの支払い、口座引き落としの手続きをします。
  • 日用品等の購入代金を支払う手続きをします。
  • その他、書類や請求書類の整理などをお手伝いします。

◆次のことはお手伝いできません。

不動産や預貯金の資産運用

大切な書類等の預かり

 利用者が希望された場合、大切な書類や預金通帳、印鑑、年金証書などをお預かりし、貸金庫など安全な場所で保管します。(年金証書 保険証書 預金通帳 実印・銀行印 権利証 契約書類 その他、社会福祉協議会がみとめた書類等)

※宝石、書画、骨董品、貴金属、有価証券、現金などはお預かりできません。

「福祉サービス利用援助事業」サービスご利用の流れ

「福祉サービス利用援助事業」サービスご利用の流れ

老人いこいの家ご利用について

南陽市老人いこいの家をご利用ください

 老人いこいの家は、高齢者の皆さんがいきいきと心豊かで健康な毎日を送ることができるようにとつくられた施設です。「温泉」を利用していますので、身体の芯まであったまります。

 ご家族、お仲間お誘い合わせの上、お気軽にご利用ください。

利用案内
【利用料金】
お一人 430円
※こたつ使用 1基100円
【利用時間】
午前9時 ~ 午後4時
【利用できる方】
60歳以上の方及び付き添いの方
【定休日】
毎週月曜日
【申込み・問い合わせ先】
老人いこいの家
南陽市赤湯391番地の5
電話 0238-40-2233
老人いこいの家 建物 老人いこいの家 部屋 老人いこいの家 部屋 老人いこいの家 浴室

給食サービス事業について

 給食サービスとは、南陽市に在住していらっしゃるおおむね65歳以上の一人暮らし老人並びに、特に民生児童委員に推薦いただいた方に対し、日常生活の中に食生活の安定、健康増進そして楽しみを取り入れていただけるようサービスをおこなうものです。

給食サービスの方法

給食(弁当)の配達は、ボランティアの方がみなさんのお宅へお届けいたします。

給食サービスの期日

週1回1食とし、「水曜日の昼食」といたします。(ただし、祝祭日と年末年始の12月29日から1月3日の間はお休みさせていただきます。)

給食(弁当)配達時の手順

給食サービス利用券を発行いたしますので、配達に伺ったときに、その日付の入った利用券の下半分を切り離してボランティアの方へお渡しください。

利用料金(利用者負担額)

低所得世帯 ・・・1食250円
その他の世帯・・・1食450円

利用料金の支払方法

毎月最終水曜日の配達時に、1ヶ月分まとめた金額をボランティアの方にお渡し下さい。

申込先

南陽市社会福祉協議会 電話 0238-43-5888(健康長寿センター内)
(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始は休業です)

車いすの貸し出し

急な用事で車椅子が必要になったときは、南陽市社会福祉協議会の車椅子をお使いください。

◇料金 無料
◇申し込み 印鑑を持参のうえ、南陽市社会福祉協議会(南陽市健康長寿センター)まで
電話番号 0238-43-5888